「話し方」「伝え方」「声」で、印象は大きく変わります。伝わりやすい話し方を身につけることで、話し方の苦手意識の払拭、セールスの成約率UP、面接合格、人間関係力の向上に繋がります。

話しているうちに喉が痛くなる場合

話し方コンサルタント

フリーアナウンサー

根本紫都香(ねもとしずか)です。

 

 

本日は、

話しているうちに喉が痛くなるお悩みについてです。

 

 

話していると喉が痛くなる原因

 

これは、発声の仕方に原因があります。

 

私たち日本人が話す日本語は、

胸式発声という発声法で話をします。

 

これは、息の力を使わず、

息を止めたままでも声が出せるという発声法です。

 

この場合、発声は喉の力で行いますので、

声を出すたびに喉に負担がかかります。

 

喉はとてもデリケートな器官なので、

喉に力を任せて発声すると、

10分~15分でのどが疲弊し、

痛みやかすれを感じ始める人もいます。

 

もしこれが、

・毎日~週に2、3回のペースで話す機会がある。

・1回あたり、1時間前後は話す。

 

などの場合、

のどの痛みを我慢して話すことをしていると、

喉を壊してしまうことがあります。

 

 

喉が痛くならない発声法とは

それは、腹式発声法です。

 

腹式発声は、腹筋の力を使うため、

喉に負担をかけずに声を出すことができます。

 

「おなかから声を出す」

という表現を聞いたことがあるかと思いますが、

これは良い説明とは言えません。

 

おなかから声を出すと言っても、

一体どうやって声を出すのか分からないと、

ただ頑張って大きな声を出そうとしてしまいます。

 

腹筋やおなかにグッと力を入れると、

上半身に力みが入り、

喉も一緒に締まります。

 

息が止まり、

喉が締まった状態にして声を出すことで、

余計に喉を傷めてしまいます。

 

本当の腹式発声は、

身体を緩めることで初めて出てくるのです。

 

 

身体を緩めて声を出すと喉が開く

身体を緩めるのに最も効果があるのは、

息を大きく深く吐きだすことです。

 

これを意識的に繰り返しやっていると、

そのうちあくびが出てきます。

 

あくびが出たらしめたもの!

それだけ身体が緩んでいるということ。

あくびは、緊張しながらするものではありません。

つまり、あくびが出れば、

身体はユルユルしているのです。

 

そのままあくびしながら声を出してみると、

息と同時に声が吐き出されます。

 

この、

「息と一緒に出す声」

が腹式発声なのです。

 

まずはこの感覚をつかみ、

「ふあ~ぁ~」

と、意識的に声にしてみましょう。

 

そこから少しずつ言葉にしていくと、

腹式発声で声が出せるようになります。

 

 

おなかから声を出そうとすると喉が痛くなります

「おなかに力を入れて!」

「腹筋を使って声出して!」

という指導を受けたことがある生徒さんは、

 

「上手く行かなかった」

「よく分からなかった」

「結局出来ていない気がする」

という方がほとんどです。

 

腑に落ちないと、

とにかく力んで声を出してしまうからですね。

 

身体は、力ませてはいけません。

喉を傷めます!

 

緩ませることを心がけてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA